西高同窓会の歩み
西高同窓会歴代会長氏名
       
 初代  黒 川 重太郎 (第1回生)  大正15年3月卒業と同時に同窓会を創設す 
 2代 辻 本 幸 臣  (第2回生) 同窓会創設時は青柳校長先生、黒川重太郎と共に活躍、特に戦前・戦中・戦後の政治経済の混乱期に学校当局によく協力し現在の同窓会の基をつくる  
 3代  京 本 善  英  (第1回生)  昭和30年5月 同窓会名簿第1版発刊す 
 4代  福 田 七  郎   (第1回生)   昭和35年5月 昭和36年5月2日母校創立40周年記念式典を中之島中央公会堂にて開催に際し賛助協力す  
 5代   林   道  之   (第3回生)   昭和36年5月 同窓会名簿第2版発刊 昭和38年11月体育館兼講堂の建設に際し賛助協力し落成披露に貝塚女子バレーボールチームを招き模範演技を行う西商野球部全国高校野球大会大阪府予選にて準決勝に進出、同窓会挙げて声援す  
 6代   田 中 真  一   (第4回生)   昭和41年5月 同窓会名簿第3版発刊 昭和46年10月23日 母校創立50周年記念式典並祝賀会に参画、賛助協力す(同窓会より校内放送設備寄贈)西商野球部国体大阪予選にて準々決勝に進出  
 7代   安 藤 博  重   (第8回生)   昭和47年5月 昭和50年1月20日ドートンに於て第1回新年互礼会を開催す 昭和51年2月同窓会名簿第4版発刊す同名簿より卒業年次を連続呼称する 昭和51年5月16日西区民ホールに於て同窓会創立50周年記念式典を開催す 昭和52年11月6日新宿東京大飯店に於て東京支部の発会に尽力する  
 8代   藤 原    昇   (第10回生) 昭和54年5月 昭和56年11月14日母校創立60周年記念式典にPTA、後援会と共に企画、協力する(同窓会より祝賀会の費用を負担)同窓会名簿第5版発刊(昭和57年2月25日)  
 9代   増 田 誠  一   (第15回生) 昭和59年5月 朝日新聞連載「あの日から」の小冊子を発行・同窓会60周年には刻苦研鑽の記念碑を建立・記念誌を発行、毎年同窓会報を発行し、新卒予定者全員の同窓会説明会、新卒理事座談会を開催、若年層の方々の啓発に努力・積極的運営を続ける尚、平成元年9月校舎改新改築推進委員長に就任、市当局に陳情を続ける  
10代   竹 田 政  廣   (第17回生) 平成4年5月 会長就任に先立ち増田前会長の遺志を引き継ぎ、母校創立70周年同窓会事業委員長 平成6年3月新校舎竣工記念に母校に日本画を寄贈 役員理事会内規・役員理事慶弔処理規定・議事運営規則を制定 
11代   谷      亘   (第27回生) 平成6年5月 母校の新校舎竣工記念式典・祝賀会に参画 平成7年5月、同窓会創立70周年記念式典・祝賀パーティを開催 同窓会名簿第6版発刊(平成7年5月)同窓会創立70周年記念誌を発刊 平成11年11月急逝 
12代   松 村 英  二   (第24回生) 平成12年5月 故谷亘会長急逝後、会長代行として母校創立80周年事業に参加、会長就任後、卒業生全員挙げての協賛参画を立案、成功させる平成13年11月創立80周年記念式典に際しPTA・後援会と共に協力しプレゼンテーションルーム用AVシステムを寄贈、また同窓会にて祝賀会を開催する同窓会名簿第7版発行(平成13年10月) 
13代   木 村 吉  治   (第26回生) 平成14年5月19日 総会の議決により就任 同窓会実行委員長として母校創立80周年記念事業に参加 同窓会のホームページのたちあげ同窓会誌をB5からA4に拡張 同窓会創立80周年記念を開催 同窓会創立80周年記念誌を発行 同窓会名簿第8版CD発刊(平成18年5月)八商会(大阪市立商業高校八校の同窓会)の8年目に当る幹事校を務め、大阪市教育委員会教育長永田祥子氏、同指導部高等学校教育担当課長 吉田豊治氏を招聘する同窓会名簿第9版CD発刊(平成21年5月)  
14代   猫 島 義  明   (第35回生) 平成22年5月 総会の議決により就任 平成23年11月母校創立90周年事業に同窓会実行委員長として参加、PTA、後援会と共に協力し、@体育館暗幕カーテンA優勝旗ケース Bウエートトレーニング器具を寄贈する。また祝賀会を開催する。平成25年2月に同窓会ホームページをリニューアルする。  



Copyright (C) 2013 nishikou-dousoukai all right reserved.