大阪市立西高等学校 同窓会

御挨拶

挨拶

会長 山田周次(40期)

猫島会長からバトンを受け同窓会会長を務める事になりました。一世紀にわたる西高校が統合のうえ桜和高校に成りますが我々の「西高同窓会は永遠」です。皆様方の熱き支援を賜り乍らこの大役に取り組んで参りたいと考えているので宜しくお願い致します。


私は昭和37年入学、長兄が32期生で有り、その影響で入試を受けました。普通科A,B組と3年間編成替えも有りましたが、コロナ禍前は年1回同窓会開催(R2.3年コロナで中断)20数名が賑やかに集っており、懐かしく嬉しい一時を過ごしています。


猫島前会長に一言お礼を申し上げます。学校再編問題が数年にわたり、その間の交渉役の市職員が異動等混乱の中、校舎の移譲は未来有る子供達へのプレゼント。苦渋の決断をするに至った経過が有りました。100年の伝統と誇りを同窓会員に行動で以て課題への対応に見事なリーダーシップを発揮された。そのご尽力に敬意と感謝の気持ちを表したいと思います。


又、川口校長先生(第25代)にも御礼を申し上げます。1つ目は西高等学校創立100周年記念誌の発刊で有り、歴史に残り、私達の思い出にも残ることだと思います。そして2つ目は我が母校の校訓「刻苦研鑽」碑の移設を桜和高校敷地内に決めて頂いたことです。そのレガシーは桜和高校の土台と成り、幾多の若人の目標になることを願っています。


最後になりますが、西高等学校を愛して下さいました教職員の皆様、美味しかった給食センターの皆様、PTAの皆様、後援会の皆様、引き続き西高同窓会への関わりを何卒、宜しくお願い致します。


尚、本年11月20(日)同窓会懇親会の開催を大阪リーガロイヤルホテルにて開催、皆様との再会を楽しみにしています。


退任挨拶

前会長 猫島義明(35期)

私は2011年度から西高同窓会の会長を務めてまいりましたが、本年度を持ちまして、退任することとなりました。


12年という長きにわたって、会長という立場でさまざまな行事の運営に携わり、その間、本当に多くの皆様のご協力をいただきました。至らない点も多々あったかと思いますが、無事務めを果たすことができたのも、ひとえに皆様の温かいご支援とご厚情の賜物と思っております。この場をお借りして、心より感謝申し上げます ご承知の通り、西高等学校は4月から統合により桜和高等学校となります。卒業生としては「西高」という名前がなくなるのは淋しい限りですが、西高が築いてきた100年の歴史と伝統が桜和高校へと受け継がれ、今後はその上に、さらに素晴らしい歴史や伝統が新たに積み重ねられていくことを願うばかりです。


同窓会につきましては、来年度から山田周次さんに会長を引き継いでいただくこととなりました。新しい会長の下、同窓会が今後とも、卒業生の親睦を深める場であると同時に、在校生を支える存在として発展していくことを願っております。


最後に、これまでご協力くださった皆様にあらためて御礼申し上げるとともに、今後の同窓会、そして桜和高等学校の発展をお祈り致しまして、私からの挨拶とさせて頂きます。


12年間、本当にありがとうございました。